Amber Moon 〜琥珀の月〜 Music : KOICHI / Lyrics : JUNO
霧黒き都会の海に 降り仰(あお)ぎ流れた

目覚め立つ 舞い上がる 愛を囁(ささや)く堕天使の
差し延べた手の温もりは微(かす)か

放つ、馨(かお)る、冬が 求める月と
蒼い雪が揺らぐ 零(こぼ)れ落ちる涙のように

哀紅(あか)き異界の森に 織り注ぐ彼方(かなた) 馳せる

生(き)を割(わ)かつ 引き裂かる 愛を饕(むさぼ)る堕天使と
見上げた目の前の夢は遥か

淀(よど)む、沁(し)みる、冬が 重ねる月と
迫(せま)る、潜(ひそ)む、翳(かげ)る 瞳の中で
色褪(あ)せた日を観るたびに
淡い花が揺れる 崩れ消える笑顔のように

〜solo〜

光(こう)白き下界の空に 散り刺さり矧(は)がれた

解き放つ 踏み躙る 愛を蔑(さげす)む堕天使が
掴(つか)んだ懐かしい想い、いつか・・・

放つ、馨る、刻(とき)が 求める月と
迫る、潜む、翳る 瞳の奥に
輝ける日を待ちわびて
白い月が禊(みそ)ぐ 零れ落ちる涙さえ
崩れ消える笑顔と 永遠(とわ)に還るように

Copyright (c) 2008 Office Miracle Whoracle “FAIRY MIRROR” All rights reserved.